身体活動

 

 

 

 

 

Physical Education

 柔軟体操やリズム体操などの体づくり運動や、マット・平均台などの器械運動を実践。幼児期は、神経機能の発達が著しく、タイミングよく動いたり力の加減をコントロールしたりするなどの運動を調整する能力が顕著に向上する時期です。筋力や持久力、俊敏性などの総合的な身体能力、バランスのとれた基礎体力の向上が期待できます。

 

 

 

 

 

Dance

 柔軟性や体幹が鍛えられることはもちろん、正しい姿勢や手足の動きを丁寧に指導するため、子どもたちの普段の立ち居振る舞いが美しくなります。様々な曲調の音楽に合わせて体全体を使って表現することを大切にしており、レッスンを重ねるごとに自然と芸術的な感性が高まっていきます。

 

 

 

 

 

Kids Yoga

 子どもの身体の発達に合わせて考案されたヨガプログラム。キッズヨガは「子どもが楽しむ」ことに重きを置いており、身体的柔軟性とバランス感覚、集中力を高めることができます。また、呼吸法やポーズを適切に行えるようになると、感情のコントロールができるようになり、自己肯定感が高まるともいわれています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Water play/Sand play/Outdoor play

 身体の基礎ができあがっていく大切な時期に、できるだけ多様な遊びの環境に触れさせておくのは体力づくりをするうえで非常に大切なことです。室内のプレイグラウンドでは、天候に左右されず水遊びや砂遊びができ、ボールプールや遊具も充実しています。また、公園へ出かけたり散歩をしたりする時間が設定されており、子どもたちがのびのびと体を動かす環境が整えられています。